写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー

<   2007年 09月 ( 13 )   > この月の画像一覧

円盤侵食

財布の中に小銭が増えてくると、焦る。

このままだと財布で軽い筋トレが出来るようになってしまう。どうにかして使用しなければ。ああ、マルボロメンソール3つ。960円?ちょっと待ってね……ああ、畜生、100円玉一枚足りねぇ。もういいや、千円札で。はい、どうも。……ぐおおおおお!隅っこの方にあと一枚ありやがった!てめぇらはサイフ王国の支配を企むというのか!1円玉が15枚とかどういう了見だ!了見だ!

こうなってしまっては、サイフで筋トレをするしかないと思うのが一般ピーポーの発想だろう。私は貴族的精神にあふれる一般ピーポーなので、筋トレをするしかないという発想に至った。ダンベルを買う必要がないと思えば、これはこれでいいじゃない。そんな事を考えながら、サイフ片手に上腕二等筋を鍛え上げる試みを実行していた。

片手?

しまった!これでは片腕しか鍛えられないではないか。右腕だけ集中的にマッチョになってしまっては「なんかあの人右側に偏ってるなぁ」と過激派の右翼に間違えられてしまうかもしれない。これはゆゆしき事態である。そこに気がついた瞬間、私は考えを改めた。使おう。小銭を使おう。やはり、人は堅実に生きていくのが一番なのだ。目の前の困難から逃げていちゃだめだ。がんばれ、日本男児。

あ、ごちそうさまでした。996円ね。えーと、500円が1枚、100円玉が4枚に10円玉が……あ、やば、後ろ並んじゃってる。えーと、えーと、あ、1000円札でお願いします。

そんな日常。
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-09-07 19:31 | 日々

サイボーグ

俺のばあさんが語る。

「むかしむかしあるところに……ババアがいたのじゃよー!」

ひぃ!

あまりの恐怖に身をすくめた。なんてこった。まさかババアがいたなんて……。ばあさんは両眼をこれ以上ないほどに見開いている。口の端にはあぶくがたまり、顔は青ざめている。

「ババアが……ババアが……ババアがいたのじゃよー!」

ばあさんが重ねて叫ぶ。やばい、これ以上話を続けるべきではない。俺はここにいてはいけないんだ。何かに弾かれるように立ち上がり、窓をぶち破って脱出する。そして気がついた。ここは2階だ!下はアスファルトだ!咄嗟の受身で難を逃れるも、眼前にはトラックが迫っていた!

「うあああああああ!」

俺は叫びとともに飛び上り、風通しの良くなっている窓ガラスをくぐりぬけ、ばあさんの部屋へと舞い戻った。ばあさんは目を見開いている。

「ババアがいたのじゃよー!」
「うあああああああああ!」

俺はあまりの恐怖に窓から飛び出した。再びの受身でダメージを免れるも、眼前にはトラックが迫っている。クラクションの音が閑散とした深夜の住宅街にとどろく。

「うあああああああああ!」

俺はきりもみ回転で飛び上がり、そのまま星になった。

君らが見上げる幾多の屑星の中の一つ。それが俺だ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-09-05 18:49 | 空想

ハァン


ハァン


ハァン


ハァン
ハァン
ハァン



ハァン






サリドマイドサリドマイドサリドマイドサリドマイドサリドマイド
ハァン

エロティックサプリメント


ハァン
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-09-03 18:18 | 空想