写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー

<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

宇宙のどこかの片隅で。

宇宙のどこかの片隅で。
また一つの星が生まれた。
様々な星が輝きを放つ、きらびやかな世界に。
しかし、お互いの距離はあまりにも遠い。


「人間は結局、最終的には孤独なのかもしれない。他人と心が通じ合ったなどと感じても、それが本当かは分からない。自分が自分である以上、自分の視点を通してしか世界を見る事は出来ないのだから。人生とは主観的なものでしかありえないんだ」
「お前、独り言多いな」
「そうか?」

ふと、足元を見ると蟻の行列が目に入った。彼らは自分たちの巣穴に向かって、せっせと行進を続けている。わき目も振らず働く彼らに、私は少なからず共感を覚える。私はさっき買ったばかりの「十六茶」の蓋を開けながら、巣穴の上に屈み込んだ。

「あの子の腹筋いいよなぁ。一目惚れだよ」
「腹筋……?」
「輝く笑顔、引き締まった腹筋。これ以上素晴らしいものがこの世にあるかい?でも、いきなり声かけたら変なやつだと思われるかな。俺ってシャイだからなぁ」
「いや、その……」


光を発する星がある。
受けて輝く星もある。
孤独の中の、断ち切れない関係性。
彼らは何を思うのだろうか。


「つまりさ、私が思うにあのエンディングはどーしても納得いかないのよ。だって、どう考えてもあそこで出てくるべきなのは納豆じゃなくて鯖の味噌煮でしょ?あの流れでどうして納豆を出す気になったのか知りたいよ。ねぇ、ちゃんと聞いてる?」
「ああ、聞いてるよ」
「……ありがとう」

海外へ渡った野球選手の活躍が新聞で報じられていた。TVをつけてもその話題一色。どうやら、なにかの新記録を打ち立てたらしい。思えば、今ではカリスマ演歌歌手な私も、昔は野球少年だった。4番でエースだった金田君、同じクラスの女子の笛を全てなめて見せたキャッチャーの田中君、野球は下手だがアゴがエベレストだった9番ライトの川口君。皆、今頃どうしているのだろうか。

「最近寒いからね。これ、あげる」
「そいやぁ!」
彼女が差し出した手編みのマフラーを、僕は力の限り引きちぎった。
「ありがとう!体が温まったよ!」


宇宙のどこかの片隅で。
また一つの星が生命を終えた。
それでも全ては変わることなく、ただただ時を刻み続ける。


勇敢な一人の騎士がいた。彼は正義と友情を重んじる高潔な人物で、辺境の蛮族たちから自分の国を守るために戦った。戦いを重ねるうちに剣は折れ、鎧は砕け、その身に多くの傷を負っても、彼は自分の信じるもののために戦い続けた。だが、返り血にまみれたその姿は、もはや蛮族たちと見分けがつかない。そして、力尽きた彼は戦場で孤独に死んだ。流れ星が見えた。

「あの子の尾骶骨いいよなぁ」
「尾骶骨!?」

「ねーねー、あの人の人差し指第二関節ステキだと思わない?」
「人差し指第二関節!?」


宇宙のどこかの片隅で。
また一つの星が生まれた。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-10 18:03 | 空想

死すならば戦いの荒野で

生きる事は戦いである。

人は生きていく中で様々なものと戦っている。他人、時間、欲望、病気、便意……。あげれば枚挙に暇が無いほど多くのものが生きていく上で障害として立ちふさがる。中でも特に手ごわい相手が、恐怖の魔神「睡魔」である。

やつらはこっちが疲れ果てている時を的確に狙って攻撃を加えてくるから厄介だ。こちらの都合など知ったことではなく、我々の行動を邪魔してくる。

かように厄介な相手を、私は終生のライバルと位置づけている。これを見ているあなたにも、生きていく中でライバルとして設定している相手はいるのではないだろうか。やはり人間は心の中に戦う相手を置いてこそ、毎日の生活に張りが出るのだと思う。私の弟にそのような相手がいるかと聞いてみると、即座に「尿意」と答えた。私はこのような男を弟に持ったことを心底恨めしく思った。こいつ以外のどこの誰が生涯の好敵手に尿意を選ぶというのか。せめて便意にするべきだ。

私のほかにも睡魔をライバルとして考えている人間は多いだろう。そこで、今回はそのような人たちのためにも、様々な睡魔撃退法を考えてみようと思う。参考になれば幸いである。

☆1.コーヒーを飲む。

王道である。確かにコーヒーは睡魔に対する防衛策として非常に有効ではあるが、絶対的な効果があるかというとそうでもないのが悲しい現実だ。コーヒーを飲んでも寝るときは寝る。大体にして、やはり己の身一つで掴み取ってこそ真の勝利といえるのではないか。

☆2.踊る。

ダンシングである。私は未だかつて踊りながら眠る人を見たことが無い。睡魔の襲来を感じたらすかさずダンシング。ただ、問題点は多い。まず、第一に疲れるから長時間は続けられないし、第二にある程度のスペースが確保できないと実行できない。そしてなにより、見た目バカみたいだ。これも優れた方法とはいえないだろう。

☆3.うねる。

読んで字のごとくだ。うねうねと体をうねらせる。これを常に継続するのだ。うねるだけだから体力は使わないし、スペースが狭くても安心だ。ただ、いかんせんうねりながらなにか作業をするのは至難の技である。体をうねらせながら車を運転するなど、危険すぎて私には出来ない。また、見た目がバカみたいという欠点も残る。

☆4.顔面の筋肉をアグレッシブに躍動させる。
 
これを思いついたとき、私は天才かと思った。己が顔面を様々な形に変化させるのだ。人間福笑いだ。シーサイドランデブーだ。スピーディにこなせば、睡魔にも負けない強力なエネルギーを得ることが出来るだろう。唯一の問題点があるとすれば、見た目がバカみたいだということだけだ。

☆5.寝る。

「それは睡魔に負けたことになるんじゃないか」と思った君。
そう、君だよ。
君のような人間がいるからこの世から悲惨な争いがなくならないんだ。
重要なのは相手を受け入れる精神。
慈愛の心だよ。
愛は地球を救うのさ。
つまりそういうことだよ、私がいいたいのは。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-08 16:47 | 日々

限界への挑戦

知人が「バイクで走りながらカップラーメンを食べる男」を見たという。

これはもはや都市伝説の領域だろう。というか、ちょっと考えただけでも無理がある。気になって詳しく聞くと、どうやら走っている最中は手に持っていて、赤信号で止まっているときに食べるのだそうだ。

まぁ、彼からすれば何か急ぎの用事があったんだとは思う。でも、なんでカップラーメンなのか?という疑問は残る。おとなしくパンでも食べてたほうがよかったんじゃないのか。10秒チャージしてればよかったんじゃないのか。カップラーメンは難易度を引き上げすぎなんじゃないのか。

でも、困難にあえて立ち向かおうというその姿勢は買いかもしれない。スポーツというものにあれほど人がひきつけられるのも、己が限界を超えようとする姿勢に、多くの人が胸を打たれるからではないのか。

マラソンなんかはまさにそんな感じだ。大体にして、あれだって冷静に考えてみれば「なんでわざわざ42.195kmなんてバカみたいな距離を走り続けてるのか?」とか思わないでもない。今の時代、自分の足でそんなに長い距離を移動することにほとんど意味などないのだから。どんなに速く走ったところで、自動車にはかなわない。非効率の極みみたいなものだろう。

そうした観点からみれば、彼の行動も理解できる気がする。きっと、チャレンジしてみたかったんだ。そのうち、バイクで走りながらハンバーグでも食べだすかもしれない。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-07 05:03 | 日々

犬対俺

犬と猫、どっちが好き?

妙によくある質問だと思う。どちらもポピュラーなペットなだけあって、犬と猫の間にはライバル関係が築かれているらしい。

ちなみに、私は断然猫派だ。犬はあまり好きじゃない。幼い頃、近所の犬に散々追い掛け回された経験のせいもあるのだが、何よりやつらはよく吼える。無駄に吼える。

特に、隣の家の犬はやかましいことこの上ない。家の前を通りかかった通行人に対して、無差別に全力で吼えまくる。私もしょっちゅう吼えられているのだが、いつも吼えられっぱなしでは癪に障るので、先日、人間様の偉大さを思い知らせてやろうと抵抗を試みた。


普段どおりの帰り道、隣の家の前までくるとやつの声が聞こえる。敵意をむき出しにした視線で私に対して吼えかかってくるが、今日の私は一味違う。覚悟しやがれ。

まずは睨んでみる。自慢ではないが、私はかつて「綾川って目つき妙に悪いよね」と意中の人に言われて、馬鹿みたいにへこんだほどの男だ。その鋭い眼光は、獲物を狙う猛禽類のごとき威圧感を誇っている。しかし、敵は動じず今までと同じように吼え続けていた。なかなか、肝の据わった犬のようだ。よかろう、相手にとって不足はない。

次は微笑んでみる。自慢ではないが、私はとても慈悲深い男だ。具体的にどのくらい慈悲深いかというと、この前、家に黒きGが出現したときに心が優しすぎて殺せず、弟に代わりに処理してもらったくらいだ。そんな私の輝かんばかりの微笑みで敵意がないことを伝え、相手の戦意を喪失させようという作戦である。だが、相も変わらずやつは吼えるのをやめない。「そんなことで俺が騙されるもんか。大人は皆うそつきだ!」という風にでも思っているのだろうか。ならば、こちらも全力で行こう。

私は犬に対してファイティングポーズをとった。自慢ではないが、私はかつてブルース・リーの映画を見た後、なんとなく自分が強くなった気になっていたほどの男だ。その全身から発される気迫で、相手にこちらの意思を伝える。

「これ以上やるとどちらかが死ぬぜ……」
(くっ、この男……本気か!)

犬の動揺が手に取るように分かる。しかし、相手も百戦錬磨の兵。ここで退くわけにもいかないのか、今までと同じように吼え続けている。私と犬の間に張り詰める、凄まじい緊張感。どちらも、もはや完全に臨戦態勢だ。私は唇の端を軽く持ち上げて、やつに言った。


「今日はこのくらいで勘弁しておいてやるぜ」


構えを解き、家に帰るために向きを変えると、サラリーマン風の男性がこちらに向けていた視線をささっと逸らした。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-05 16:06 | 日々

勇者クエスト

私は勇者だ。
頼れる仲間たちと共に魔王を倒しに行くのだ。
なぜなら私は勇者だからだ!

「勇者、魔王の城は凄まじい炎に包まれていて誰も近づけないそうだぜ。どうする?」
「なーに、簡単な話さ。諦めよう!」

「勇者、どうやら北の大陸にある洞窟に、アイスブレードという剣があるらしいわ。それを使えばどんな炎でもすぐに消してしまえるそうよ」
「なるほど。北の大陸まで行くのは面倒くさいな。他の方法を考えるか、諦めよう!」

「勇者、お前がいかないから俺たちがアイスブレードとってきたぜ!」
「流石だ、頼れる仲間を持って俺は幸せだぜ」
「それにしても疲れたわ。一日休んでから魔王城に出発しましょう」
「なんだったらそのまま諦めてもいいぞ?」

「勇者、早速アイスブレードであの炎を消すんだ」
「重い!諦めよう!」

「勇者、魔王城の火は俺が消したぜ!さぁ、突入だ!」
「わかった。今こそ勇者の力を見せてやるぜ!」
「まって、いきなり突っ込むのは危険だわ。中にどんな罠が仕掛けられているかわからないし……」
「よし、可及的速やかに諦めよう!」

「くっ、流石に魔王の近衛師団なだけはあるわ。強い!」
「まずいぜ、勇者このままじゃ全滅だ。どうする!?」
「だから諦めようってあれほど言ったじゃないかああああ!」

「ふっふっふ、よくぞここまできたな勇者よ。だが、私をそこらの魔物と一緒にしないほうがいいぞ。何せ魔王だからな。めちゃくちゃ強いぞ」
「俺は勇者だ!鬼のように強いぞ!」
「わかった。諦めよう」

こうして世界に平和が戻った。
流石は私だ。
流石は勇者だ!
勇者は偉大なのだ!

「勇者、また新しい魔王が出現したそうよ」
「諦めよう!」
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-04 19:31 | 空想

すれ違う魂

ロールシャッハテストというものがある。

これはスイスの精神医学者ロールシャッハが創案した性格テストだ。紙にインクを垂らし、それを二つ折りにして作った左右対称の図形を見せ、被験者が何を連想したかによってその特徴を診断する。間違っても「食らえ怪人!必殺、ロールシャッハテェスト!」とかそういう代物ではない。人間というのは不思議なもので、このように曖昧な図形から「蝶々」「悪魔」「ちょっと調子こきすぎたおっさん」など様々なものを連想し、同じものを見ても人によって答えが全く違ったりするのである。

こうした例は、日常生活の中でも存在する。例えば、何か失敗をした時に「ああ、俺ってなんてダメダメなんだろう」と思う人がいれば「これをバネにすれば俺はもっと成長できる!」と思う人もいる。同じ事象を前にしても、人によってこれだけ捉え方に差が存在し、そのバリエーションは多岐に渡るのだ。

だから、人に大切なことを伝えたいときは曖昧な表現は極力避けなければならない。自分の発言や文章が、その意図と全く違う方向に捉えられる可能性が十分に存在するからだ。これもいくつか例を挙げて説明してみよう。

「あなたのことが好き」
「俺の琴が好き?」
こんなありふれた台詞も、使用には注意が必要だ。万が一上記のように受け止められたら、「お前、俺の琴が目的だったのか!なんてひでぇ女だ!絶交だ!」などということになりかねない。相手が琴を所有しているか、事前にリサーチしておいたほうが良いだろう。

「俺の得意技は回し蹴りなんだ」
「回し下痢?」
最悪である。もはやあってはならない領域のすれ違いだが、悲しいことに十分起こりうる。回し下痢というからには回りつつ下痢をするのだろう。自分のスポーツマンっぷりをアピールするつもりが、とんでもない方向に誤解をされてしまったケースだ。

「正義は勝つ!」
「まさよしは勝つ?」
誰だ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-03 18:01 | 日々
今日、食器洗いをしているときのことだった。

上機嫌で次から次へと食器を泡まみれにしていく私。BGMにはショパンが流れ、実に軽快に、そして優雅に、かつエレガントに任務をこなしていた。その姿はまるでどこかの王侯貴族のようだ。しかし、ある一枚の平たい皿に手をかけたとき、不思議な衝動が私の中に湧き上がった。

「これでフリスビーをしたい」

いや、何でこんなことを思ったのかはわからない。まぁ、「全裸になって鼻に割り箸を突っ込みつつこれで前を隠して街中を走り回りブットビ!ブットビ!と叫び続けたい」とか思わなかっただけマシだとは思うが、なんにせよ訳の分からない衝動だ。真っ白なお皿が空に放物線を描いて、華麗に飛んでいく姿がそんなに見たいのだろうか?ああ、見たいさ。

しかし、皿フリスビーの実践はかなり難しい。まず、場所の問題。室内はもちろん論外である。皿は砕けるし、下手すれば他のものも砕ける(弟の頭蓋骨など)。次に庭であるが、流石にフリスビーを投げて遊ぶスペースは無い。よって、皿が塀にあたって砕けるのは確実だし、たまたま窓から顔を出した弟の頭が砕ける恐れもある。次は道路だ。検討するまでも無く地面がアスファルトだから皿は砕ける。また、いつ自転車に跨った我が弟が飛び出してくるかわからないのでこれも避けるべきだろう。ならば近所の公園でどうだ。広さは十分、地面も芝生なので皿が砕ける心配は無い。だが、公共の場で皿を投げるのはそもそも危険すぎだ。皿は砕けなくとも、ジョギング中の弟の頭が砕けたりはするだろう。

つまり、皿でフリスビーをするには、皿か弟の頭蓋骨を犠牲にしなくてはならないのである。「弟の頭蓋骨なら犠牲にしても良いかな?」とか少し思わないでもないが、私は理想的な尊敬されるべき兄貴なのでそんなことはしないのである。えっへん。

私が何を言いたいのかというと「食器をフリスビーにして遊ぶゲーム」が発売されたら絶対に買う、ということだ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-02 16:35 | 日々

はじめに

このブログでは、私が日々考えているくだらないことなどを書いていこうと思っています。

どのくらいくだらないかというと、星の綺麗な夜、愛する人と二人で夜空を眺めながら「ねぇ、あの星座なんていうんだっけ?」「餃子」「いくらなんでもそんなベタな……」というくらいくだらないです。つまりそんな感じです。

なお、当ブログはリンクフリーです。はるもはがすもご自由に。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-02 15:06 | このブログについて