写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー

<   2005年 12月 ( 18 )   > この月の画像一覧

地球対俺

地球は危機に瀕している。

地球の温暖化を筆頭に、砂漠化、水質汚染、大気汚染など様々なダメージが地球には加わっている。そんなわけで「地球を守ろう!」などと昨今は声高に叫ばれているわけだが……。

ここでちょっと考えて欲しい。そもそも、地球環境をここまで悪化させた最大の要因は我々人類であることは疑いようがない。さらに、環境破壊がガンガン進むと困るのはほかならぬ我々である。これはつまり、相手を散々ボコボコにしておいて、このまま相手が死ぬと自分が警察に捕まると気がつき「暴力は良くない!命は大切にしなければならない!」などと言っているのと同じようなものではないだろうか?

これはあまりに滑稽だ。滑稽すぎる。そんな情けない姿をさらすのは、私のプライドが許さない。つまり、ここで私がやるべきことは唯一つ。あえて自らの手で、地球にとどめを刺すことである。私は今こそ地球と戦うのだ!

と意気込んでみたものの、地球と戦うとはいってもそもそもどうやって戦えばいいのだろうか?何せ、相手は地球だ。地球というのは、ゴリラよりでかいのだ。いくら弱っているといっても、私一人の力で戦うのはかなり厳しいものがある気がする。パンチを放っても拳を痛めるだけで地球にダメージはほとんどないだろうし、高所からのダイビングエルボードロップでもかまそうものなら私の全身が砕けるだろう。もちろん地球は無傷だ。

そもそも、私がいかに自分の肉体を駆使してもゴリラすら倒せない。そんなんで地球を倒せというほうが無茶だろう。何か別の方法を考えなければなるまい。

根本的に、環境破壊によって地球がピンチに陥っているのだから、物理的な力で破壊しようという発想自体が間違いだ。全身から血を流した瀕死の相手にとどめを刺そうとして、言葉攻めをするようなものである。最悪、相手の趣味によっては「もっと汚い言葉でののしってください!」とか懇願されかねない。私にはSMプレイの趣味はないので、相手が異性だったとしてもこれは若干引く。というか、「死にかけで何を言ってるんだ、お前は」としか思えないだろう。

だが、死にかけだからこそ、そういう意味の分からない思考に走ってしまうこともあるかもしれない。死に際にはこれまでの人生が走馬灯のように見えるというくらいだし、なにか人知を超えた力に突き動かされて急に「あなたのことが好きです!」と愛の告白をしてしまうこともあるかもしれない。「お前を殺そうとしていた俺にそんなことを言ってくれるなんて!」などと感動して、そのまま幸せな同棲生活に突入してしまうこともあるかもしれない。死にかけなのだが。


違う。危うく、話が大気圏を離脱せんばかりの勢いで別の方向にすっとんでしまうところだった。私に与えられた氏名は綾川玲だ。じゃない、私に与えられた使命は地球と戦うことだったのだ。

一個人の力で地球と戦う最も有効な方法はなんだろうか。やはり、環境破壊で地球がここまで弱っているわけなのだから、それをさらに推し進めるようなやり方が良いだろう。

となると、すぐに思いつくのが地球温暖化である。これは大気中の二酸化炭素量が増えることによっておこっているので、二酸化炭素を大気中にガンガン放ってやればよい。なんだ、簡単な話ではないか。

方法として誰もが真っ先に思いつくのは「放火」だろう。物が燃えるときの二酸化炭素の排出量はかなりのものだ。しかも、家というのはゴリラよりも大きいのだ。かなりの効果が期待できるのではないだろうか。早速実行に移してみようかと思ったのだが、そこで一つ重要なことに気がついた。これをやると、私が警察に捕まってしまうのだ。暴力はよくない!命は大切にしなければならない!

自動車から出される排気ガスも、地球温暖化の主要な原因の一つになっているらしい。つまり、エンジンを常にかけっぱなしにしたり、無駄に空ぶかしをしたりしつつ、「大人なんて汚ぇもんよ。世の中みんなクソ食らえだ!」といいながら、夜明けの公道をすっ飛ばせばいいのではないか。ただ、最近はガソリンの値段も随分高くなっており、この案を採用すると地球より先に私の懐が崩壊する可能性が高い。これも却下せざるを得ないだろう。

意外と、不自然に二酸化炭素を排出するのは難しい作業のようだ。別のやり方を考えなくてはなるまい。

では、地球から緑をなくしてしまうというのはどうか。砂漠化や森林破壊が深刻な問題となっているように、緑が無くては地球の生態系のバランスは大きく崩れる。この地球の緑という緑を、全て根こそぎ奪い取ってやるのだ。

まずは手近なところからだ。我が家の庭はなかなか緑が豊富なので、これを排除することからはじめよう。まずは、雑草を引っこ抜く。二度と生えてこないように、根っこから抜くのがポイントだ。芝生はなんか抜きにくいから、今日の所は勘弁してやろう。そんなこんなでしばらく庭の緑と戦っているうちに日が暮れたので、家に入ってシャワーを浴びた。

その後、ビールを飲んだ。やはりこうした労働の後の一杯はうまい。私の心は充実感で満たされていた。今夜はよく眠れそうだ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-30 20:58 | 日々

真冬の夜の夢

私は疑問に思うのだ。

何故ヒトはヒトに対してもっと優しくできないのであろうか。
何故私たちは常に憎しみ合わなければならないのか。
私は私を含めたヒトという種の不甲斐なさを、
身を縮こませながら呪うのだ……。


私は疑問に思うのだ。

何故かっぱえびせんはやめられないうえにとまらないのであろうか。
何故少しだけつまむつもりが一袋空にしているのか。
私はカルビーの発明したこの偉大なる食物を、
身を縮こませながら呪うのだ……。


私は疑問に思うのだ。

何故鼻歌は気がつけば絶唱へと変わっているのであろうか。
何故腹の底から声を絞り出して歌ってしまっているのか。
私はエアギターまでかましながら「Yeah!!」とシャウトして歌い続ける自分の姿を、
身を縮こませながら呪うのだ……。


つまるところ、
私のよりどころとなるべくは、
心の底の仄かな灯り、
愛しかないということなのです。

ああ、それにしても私は疑問に思うのであるよ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-28 21:51 | 日々

名探偵 中原みすず登場

「うーむ」
芥川警部は首を捻った。
資産家、江戸川正史の大豪邸。その一室で、館の主が死体となってうつ伏せに倒れ付している。
「わかるか?」
芥川の問いかけに、夏目巡査も首を捻って答えた。
「わかりませんねぇ」
予想通りの答えに芥川は一つため息をつく。
「わからんよなぁ……」

今、彼らの頭を悩ませているのは、被害者が死の直前に床に書き残した血文字……いわゆるダイイングメッセージであった。
「素直に犯人の名前をびしっと書いてくれれば楽なんだけどなぁ」
「それだと、犯人が最初に戻ってきたら消されちゃうかもと思ったんじゃないですか?」
「どーせそんなところだろうね。ったく、死ぬ直前によくそんなに頭が回るもんだ」
「人間死ぬ気になれば何でもできるんですよ!感動です!」
会話を聞いても分かるとおり、この手のもののお約束としてダイイングメッセージは意味の分からない文字の羅列であった。

『(死の位置)+(録の位置)”+(山の山)+(荷の誤)=蚊の嘘』

「……あのさ」
芥川はちょっと考え込んでいった。
「長くねぇ?」
「あ、それ僕もちょっと思ってました」
「こんなもんかいてる暇あったら助け呼んだほうがよかったんじゃないかな」
「わざわざ漢字で書いてますもんね」
「もう、暗号がどうとかというよりガイシャの心理がわからんよ、俺は」

そのとき、夏目の頭にある考えが浮かんだ。
「ていうか、こんなのとにらめっこしてるより、地道に捜査したほうがよくありません?」
渾身の名案だと思ったのだが、
「いや、それは駄目だ」
あっさり却下された。
「どうしてですか?」
「お前この文章のタイトル見てみろ」
「『名探偵 中原みすず登場』ですか」
「わかるか?つまりこの後、確実に探偵役が登場するんだよ。ということは、そいつがこのダイイングメッセージを解読する流れになるのは当然のことだ。俺たちはどっち道、事件を解決することは出来ないのさ。ここでこの暗号を無視して捜査すれば、確実に俺たちは無関係の人間を疑って醜態をさらす羽目になる。たとえ解けないことがわかっていても、ここでダイイングメッセージとにらめっこしながら何もしないほうがいいんだよ」
「また、消極的な……」

その時、部屋の扉が勢いよく開き、恰幅のいい中年女性がのっしのっしと入ってきた。芥川と夏目がそろって振り向くと、その女性は鼻息も荒く名乗りあげた。

「またせたねぇ!あたしが『頭脳明晰 容姿端麗 心はいつでも20代☆ 名探偵 中原みすず』だよっ!さぁて、記念すべきあたしの初登場事件はどんなんだい?」

百戦錬磨の芥川ですら放心していた。夏目にいたっては既に半泣きだ。
「いや、その、ここは関係者以外は立ち入り禁止で……」
「ああ?そんな面倒くさいことどうでもいいじゃないか」
自分の職務を忠実に果たそうとする芥川警部の思いは、音速で踏みにじられた。
「どうせ、あたしが解決することになるんだからさぁ。ほら、とっとと事件の説明してよ。これから夕飯の支度しなきゃいけないんだから、手早くすませたいんだよ」
「はい……」

「ふむふむ、なるほどねぇ。これがそのダイビングメンソーレかい」
「ダイイングメッセージです、中原さん」
芥川から事件の概要を聞いたみすずは、被害者の残した血文字の前にかがみこんでいた。
みすずはそれを前に数秒考え込んで……、
「うん、わかった。解けたよ、このモンゴリアンボンジュール」
あっさりと言い放った。夏目は信じられないといった面持ちで、
「え、もうですか!?」
芥川も信じられないといった面持ちで、
「ダイイングメッセージだっつってんだろ、このババァ。一致してるところがほぼ絶無じゃねえか」

そして、みすずによる謎解きが始まった。
「テキパキ行くよ。まず『(死の位置)』。これは4の1、つまり50音表の4列目1段目の『た』。次の『(録の位置)”』。これも今のと同じように、6列目最初の文字の『は』。これに点々がついてるから『ば』ね。『(山の山)』は3列目3段目の『す』。『(荷の誤)』が『こ』」
「あのですね……」
そこまで黙って聞いていた芥川が口を挟んだ。
「そのくらいのことは私たちだって考えましたよ。一番オーソドックスな暗号の作り方ですしね。ただ、そのやり方だと『蚊の嘘』がどうしてもわからない。どうやったって数字には読めないでしょう。第一、これまでに出てきた文字だって『た』『ば』『す』『こ』ですよ?タバスコが事件と関係があるとは思えませんけどね」

芥川の台詞を聞き終わると、みすずは落胆したように大きくため息をついた。
「あんたたち本当にだめねぇ。『蚊の嘘』はこれまでと解き方が違うのよ。ちゃんと最後まで聞きなさい。いい?蚊の嘘なのよ。蚊の嘘。蚊のlie。蚊ライ。辛い」
夏目ははっとしたように顔を上げた。
「そ、そうか!『タバスコ=辛い』。つまりこのダイイングメッセージは、『タバスコは辛い』と読むのか!」
芥川も驚きを隠せなかった。
「な、なんてこった!つまり、タバスコは辛かったのか!」
「そうですよ、警部!タバスコは辛いんです!」








「で?」
「さぁ……」

気がつけばみすずは夕飯の準備のため、既に帰ってしまっていたのであった。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-26 07:29 | 空想
「ガスコンロで煙草に火をつけようと思ったら、前髪の先っちょにだけパーマがかかったときの脱力感」を、あなたに。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-24 17:35 | 日々

クリスマス地獄変

ジングルベールジングルベール鈴が鳴る♪

というわけで、もうすぐクリスマスなのです。この時期になると街もすっかりクリスマスムード一色。ついつい私もハッピーな気分になり、華麗にステップを踏みながら鉄拳を繰り出しつつ怪鳥音を発してしまいます。

クリスマスといえば、やっぱりサンタクロース。今年も子供たちの夢を乗せて、夜空を駆けてくれるのでしょう。しかし、私はサンタさんから悪い子とみなされてしまったらしく、長い間プレゼントをもらえない年が続いています。毎年出来るだけいい子にしようと努力してはいるのですが、なかなか認めてもらえません。何がいけないのでしょうか。成人しているなどという些細なことに、サンタさんがとらわれているとは思いたくないのですが……。

それはそうと、昔からサンタクロースは煙突から入ってプレゼントを置いていくといわれています。しかし、今の世の中、煙突のある家なんてなかなかあるものでもないですよね。となると、サンタさんはいったいどこから入ってくるのでしょうか?

すぐに思いつくのは窓です。しかし、窓に鍵が掛かってないのならそれでいいのですが、鍵が掛かってしまっていた場合どうしているのでしょう。やはり、華麗に鍵をはずして入るのでしょうか。サンタさんが泥棒まがいのことをやっているなどと思いたくはありませんが、実質それ以外に方法がないことも確かです。

子供の寝静まった夜、サンタさんがプレゼントを渡しにやってきました。しかし、窓にもドアにも鍵が掛かっていて入れません。サンタさんは「泥棒みたいなまねをして入るのはよくない」と考え、玄関のチャイムを鳴らしました。

「え、あんた誰……?」
「サンタクロースです。お子さんにプレゼントを渡しにやってきました」

まず間違いなく、門前払いでしょう。最悪警察を呼ばれます。かくも生きにくいこの世の中。サンタさんが不法侵入に走るのも、仕方のないことといえましょう。

しかし、窓やドアの鍵をはずして侵入するにしても、発見される危険は常に付き纏います。なにせ、一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届けなくてはいけないのですから、あまりのんびりと機をうかがうというわけにも行かないでしょう。そういうところで、本当の泥棒さんより危険性は高まってしまいます。

持ち前のピッキングテクニックを駆使して、見事侵入に成功。子供の枕元にプレゼントをおくことに成功したサンタさんは(子供の寝顔って本当にかわいいなぁ、襲いたくなっちゃうよ)などと能天気に思っていました。

しかし、その時鳴り響くサイレンの音、近所の人に侵入したところを見られていたのです。サンタさんは聞くなり、飛び跳ねるように家から脱出。トナカイが引くソリにのって空へと飛び出します。警官は己の目を疑うような光景に驚きながらも、本部への連絡を取りました。

「空き巣犯はトナカイの引くソリに乗って空を逃走!応援願います!」

この異常な事態にパトカーやヘリが数機出動し、壮絶なチェイスが始まります。サンタさんも必死で逃げるのですが、なにせ真っ赤なお鼻のトナカイさんはどうしようもなく目立ちます。追撃を振り切ることが出来ません。暗い夜道でもぴかぴかなこいつの鼻が、今はどうしようもなく憎らしげに見えました。しかし、サンタさんは一晩で世界中の子供たちにプレゼントを届けられるほどの男です。

「ちっ、こうなったら仕方ない、今年は日本を捨てるしかないか。波動エンジン、起動!」

サンタさんのその掛け声とともに、ソリは音速を超えました。あっという間に日本の領土を離脱。太平洋をマッハ2.5で驀進します。

「ふっ、お前らごときが俺に追いつけるかよ……」

サンタさんが余裕の言葉を呟いたその時――目の前に旅客機の壁面が見えました。
こうしてサンタクロースは太平洋に散ったのです。




という、夢を見た。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-22 17:14 | 日々

世に思索の種は尽きまじ

電車での移動中というのは、致命的に暇なものである。

そんなわけで、CDを聴いたり本を読んだりして電車の中ですごしている人は結構いる。だが、私は携帯できるCDプレイヤーなど持ってないし、昔から乗り物に酔いやすい体質の私にとって本を読むなど自殺行為だ。体調の悪いときは、電車の中で座っているだけで吐きそうになったことすらある。

よって、何一つやることも無くただ座っているのが私の基本スタイルだ。これが俺の生き方。いつだってマイウェイ。

だが、ぼーっと座っているだけというのはかなり危険だ。いつ、自分でも気がつかないうちに、気の抜け切ったアホ面になっているかわからないからだ。私は「ねーねー、お母さん、あの人、口あけてぽかーんとしてるよ。アホ面だよ。ぎゃはは」などと言われるのは耐えられない、高貴な精神の持ち主なのだ。

そのようなことがないように、私は電車の中でも常に気を抜かないようにしている。常に顔をきりりと引き締め、いつもどおりのマダムキラーな私でいなくてはならない。略してマダラーな私でいなくてはならない。とはいえ、何もやることが無い状態でそれを維持し続けるのは結構難しいものがある。

そんなわけで、私は電車の中では思索にふける。この世の真理を探究する、精神世界の旅に出るのだ。そのときの私の顔は真剣そのもの。誰も目の前に座るマダラーが、「ライダーキックって意外と避けやすくないか?」などと考えているとは夢にも思わないだろう。

だが、隣に座っている友人に「真剣な顔して何考えてるの?」などと聞かれるとちょっと困る。なぜなら、考えているのは仮面ライダーのことだからだ。真剣な顔をしてライダーのことを考えているというのは、マダラー的にどうなのであろうか。

そういえば、ライダーとマダラーは語感も似ている。私も、もしかしたら仮面ライダーになれるかもしれない。だが、最大の問題として私は二輪免許を持っていない。原付で街を疾走する仮面ライダーというのは許されるのか?ということから考えなければならないだろう。車内で。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-20 15:47 | 日々
私のHNは「綾川玲」だ。

そもそも、最初はこういう名前にする予定ではなかった。もともと違う名前にするつもりだったのだが、既に別の人に使われていてID登録できなかったのだ。しかたがないから、好きな作家やミュージシャンの名前を適当に合体させて即興で作り上げたものなのである。

しかし、最近ちょっとまずいことに気がついてしまった。いや、第三者からみればたいしたことはないのであろうが、本人としてはちょっと気になってしまうのだ。なにがまずいって、つまりイメージ的なことというか、うん、少しこの名前と現実の自分とのギャップを感じてしまうというか、つまりそんな感じ。私は昔、実際に「あの作品」を見ていただけに余計気になってしまうのである。

この名前、綾波レイに似ているのだ。

---

追記 2005-12-19
Googleにおける「綾川玲」の検索結果。
一番上が百合特集。

---

さらに追記 2005-12-19 19:00
↑の追記は今日の朝発見して「わっほう、こいつはグレイトフルだぜ」と思って書いたものなのだが、今見てみたらあっさり順位が変動して私のページが一番上になっていた。もう何も信じない。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-18 07:52 | 日々

愛を求めて三千里

この星に生きる大抵の人間は、他者からできるだけ好かれたいと思っているのではないか。

まぁ、ろくでもないのに好かれても困るだろうが「周りの人皆から嫌われても兵器だよ。ギャラクシーバズーカ・セットオン!」などといえる人はそうそういないはずだ。嫌われるよりは好かれたほうがいい。生きていくということが他者との関わりの上に成り立っている以上、これは当然のことだろう。

ではどのような人間になれば、人から好かれることができるのか考えてみよう。

まず、傲慢な人間は嫌われやすい。常に人を見下すような発言をしている人のそばにいて、楽しいと思える人はいないだろう。謙虚さは忘れないようにしたいものだ。次に、自分勝手すぎるのも駄目だ。ジコチューとセカチューは似ているが、だからといってジコチューが許されるというものではない。ピカチューとも似ているが、そういう問題ではないのだ。よって、周囲への気配りは忘れてはいけないだろう。そして基本的なこととして、他者と積極的にコミュニケーションをとろうとしなければなるまい。そうした姿勢がなにより一番大切であり、相手の心に響くのだ。

つまるところ「謙虚で、気配りができて、積極的に他者とコミュニケーションが取れる人間」になればいいということだ。まぁ、こうしていってみたところで分かりにくいとは思うので、シミュレーションしてみようと思う。

☆1.積極的に他者と会話する。
「HEY!お嬢さん!」
「……は?」

気さくに話しかけて親しみやすさをアピール。なお、見ず知らずの人が相手でも一向に構わない。生きとし生けるものは皆兄弟だからだ。

☆2.謙虚さを見せる。
「この下衆で卑小でどうしようもなくつまらない僕と一緒に食事でもしていただけませんでしょうか?」
「……」

謙遜の美徳を忘れてはいけない。この時点で相手はあなたにハートを鷲掴みにされているはず。そのまま握りつぶす勢いで最終段階に入る。

☆3.気配りを忘れずに。
「今日は寒いですねぇ。この猿めが人肌で暖めて差し上げましょうか?」
「……」

さりげない優しさを醸しだすと共に、戦国時代の故事に絡めて知性とユーモアをアピール。また「私があなたの従者になりましょう」といった意味も込められている最高の言い回しだ。相手はうつむき加減で足早に去っていってしまうかもしれないが(98.67%)、それは照れているだけなので心配はない。全力で追いかけて抱きついてあげれば、普段はめったに泊まれない留置場というところに宿泊することができるだろう。やったね♪
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-16 19:48 | 日々

性格バトン

から性格バトンなるものを受け取ったので答えてみる。


☆あなたは賑やかな人と大人しい人どっちですか?

人間を2つのパターンに分けて「さぁ、どっち?」というのはあまりに傲慢だとは思わないか?第3の選択肢を考慮して発言して欲しいね。

☆あなたの性格に相応しい単語を5つ挙げてください。

一人の人間の人格とは、様々な要素が複雑に絡み合って出来ているのだ。単語なんかでそう簡単に表せるものか。ひょっとして君はバカなのかね?

☆好きな友達のタイプは?

タイプじゃなくて個人で見る。たとえば、ここで「気配りの出来る人」などと書いたところで、気配りが出来ればそいつを100%好きになれるか?といえば答えはノーだ。そうやって何もかも型にはめて考えようとするから、君は成長できないんだよ。

☆嫌いな友達のタイプは?

君は私の話を聞いていたのか?だから、タイプじゃなくて個人だ。大切なのは個人なんだ。あえて言わせてもらうなら、そう、君のようなタイプの友達は欲しいとは思わないね。

☆立ち直りは早いほうですか?

誰と比較して答えればいいのか明確にしてもらえないか。あるいは、質問する前に全人類の「へこんでから立ち直るまでの時間」の平均値を提示してくれ。そうじゃなきゃ答えようが無いよ。もう君にはうんざりだ。

☆恋人にしたいタイプは?

君は本気で人の話を聞いてないようだね。恋人には、君のようなタイプの人間は絶対選ばないよ。

☆恋人と一番の親友、選ぶならどっち?

君を生贄にしてどっちも選ぶ。

☆バトンを回す人5人。

こんなくだらないバトンは、海に投げ捨ててやる。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-14 17:04 | 日々

携帯革命

私は携帯電話を持っていない。

何でと聞かれても「別に無くても困らないから」としかいいようがないのだが、今の時代に私のような若者はなかなかまれな部類のようだ。如何せん自分ではよくわからないのだが、持っている人から見ればTVを持ってないのと大して変わらない感覚で映っているのかもしれない。

まぁ、確かにあると便利だろう。それは認める。ただ、仕事などで必要なわけでもないし、外出したときに携帯をカチャカチャいじるとかなんとなくせせこましくて嫌だ。電話をかけるだけなら公衆電話で事足りるし、他人からかかってきたときに応対するのはめんどくさい。このように至極最もな理由があって持っていないのである。

とはいえ、この分野の発展は著しい。携帯も電話やメールだけではなく、今では様々な付加価値がついているのが殆どだ。なにか魅力的な新機能が搭載された携帯電話がでたら、妙に頑固な私でも携帯を持つ気になるかもしれない。たとえば、

「変形して二足歩行ロボットになる携帯電話」

これは欲しい。かなり欲しい。なんていったって変形だ。少年の憧れだ。男は皆、永遠の少年なんだ。

「煮てよし、焼いてよしのおいしい携帯電話」

これも発売されたら即座に買うだろう。そもそも、食べられる携帯電話とはどんな味なのか?というところに興味を引かれまくる。問題は、食べたらなくなってしまうことだ。

「通常の30倍のBIGサイズ!電子レンジつき携帯電話!」

携帯は出来ない。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-12 16:31 | 日々