写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

カテゴリ:空想( 191 )

勇者クエスト

私は勇者だ。
頼れる仲間たちと共に魔王を倒しに行くのだ。
なぜなら私は勇者だからだ!

「勇者、魔王の城は凄まじい炎に包まれていて誰も近づけないそうだぜ。どうする?」
「なーに、簡単な話さ。諦めよう!」

「勇者、どうやら北の大陸にある洞窟に、アイスブレードという剣があるらしいわ。それを使えばどんな炎でもすぐに消してしまえるそうよ」
「なるほど。北の大陸まで行くのは面倒くさいな。他の方法を考えるか、諦めよう!」

「勇者、お前がいかないから俺たちがアイスブレードとってきたぜ!」
「流石だ、頼れる仲間を持って俺は幸せだぜ」
「それにしても疲れたわ。一日休んでから魔王城に出発しましょう」
「なんだったらそのまま諦めてもいいぞ?」

「勇者、早速アイスブレードであの炎を消すんだ」
「重い!諦めよう!」

「勇者、魔王城の火は俺が消したぜ!さぁ、突入だ!」
「わかった。今こそ勇者の力を見せてやるぜ!」
「まって、いきなり突っ込むのは危険だわ。中にどんな罠が仕掛けられているかわからないし……」
「よし、可及的速やかに諦めよう!」

「くっ、流石に魔王の近衛師団なだけはあるわ。強い!」
「まずいぜ、勇者このままじゃ全滅だ。どうする!?」
「だから諦めようってあれほど言ったじゃないかああああ!」

「ふっふっふ、よくぞここまできたな勇者よ。だが、私をそこらの魔物と一緒にしないほうがいいぞ。何せ魔王だからな。めちゃくちゃ強いぞ」
「俺は勇者だ!鬼のように強いぞ!」
「わかった。諦めよう」

こうして世界に平和が戻った。
流石は私だ。
流石は勇者だ!
勇者は偉大なのだ!

「勇者、また新しい魔王が出現したそうよ」
「諦めよう!」
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-04 19:31 | 空想