写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

2008年 05月 13日 ( 1 )

スパーン!

駅の改札というものは、切符を通さないで通ろうとすると「スパーン!」としまる。

それだけならまだしも、たまに切符を通しても「スパーン!」としまる。おそらく、JRの職員は私の命を狙っているのだ。心臓麻痺で殺す気である。あるいは、あのパッタンパッタン開く部分で腹部を強打して殺す気だ。なんてやつらだ。

私は幸いにして無類のタフネスを誇るので改札程度に命を奪われることはないが、無類のタフネスを誇らない一般ピーポーの方々からすれば、これはとてつもない脅威であろう。皆さんもJR職員に命を狙われることがあるかもしれない。もしもの時の為に、私から心強いアドバイスをいくつか送ろうと思う。

まず、日頃から警戒を怠らないことである。急に「スパーン!」と閉まるから、驚いたり腹部を強打したりするのであって、「スパーン!」と来ることが分かっていれば、驚かないし腹部も強打しない。とはいえ、見てから判断するのは至難の業だし、実際に「スパーン!」と来ない日が何日も続けば、警戒心を持続するのがどうしても難しくなってしまい、驚いた上に腹部を強打する。

故に、改札は「スパーン!」と閉まるものという前提で通り抜けるのがよい。切符はいらない。どうせ閉まるのだから、切符を入れる意味がない。そうなると必ずや「スパーン!」と閉まるので、閉まったところを飛び越えるのだ。

追いかけてくる駅員は倒せ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2008-05-13 22:06 | 日々