写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー

2007年 11月 16日 ( 1 )

クレーター

「やぁ、僕は謎のお兄さんJ!みんなもいっしょに歌おうよ!」

クレータークレーター♪
ラーンダームラーンダーム♪
流れてきーえるーは♪
トーイレットクレーター♪

最近の子供番組は前衛的だなぁ。
と、TVの前で僕は感心している。
そんな時、庭に面した窓ガラスからノックの音が

コン
コン
コン

コーンビーニエーンスッ!
ハイッ!
クレータークレーター♪
プロセースプロセース♪
手にして消ーえるーは♪
インスタントプーロセース♪

相変わらず、TVの中のJは元気だ。

コン
コン
コン

窓ガラスの向こうにいたのは、兵隊さんだった。
僕はロックを解除し、彼を中に招き入れる。

「どうしたの?兵隊さん」
「お前を殺す」

まずいな。

「まぁ、殺伐としないでさ。せっかくだから、歌わない?」
「クレータークレーター♪」
「そうそう、上手上手」

パチパチと手をたたくと、兵隊さんは照れたように頭をかいた。

Jがブラウン管越しに「お帰りなさい」と声をかける。
気持ち悪いくらいの笑顔で。
兵隊さんは「コーンビーニエーンスッ!」と叫びながらTV画面に向かってダイブする。
気持ち悪いくらいの笑顔で。
なんだかよくわからないけど、感動的な光景なのかもしれない。

気がつけば、僕はTVの前で体育座り。
踊り狂うJと兵隊さんの姿を見つめている。

「いいなぁ、僕も仲間に入りたいよ」

二人とも、気持ち悪いくらいの笑顔で首を横に振った。
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-11-16 00:24 | 空想