写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー

2006年 03月 24日 ( 1 )

ファミレスボンバイェ

「コーヒーのおまわりはいかがですか?」

ほらきた、これだ。

メニューには確かに書いてある。『おまわり自由』。僕は何をどう考えても誤字だろうと思っていた。誤字以外ありえないと思っていた。今の時間は何時だ?3時だ。ここで5時だったらおいしかったのになぁ、などと現実逃避を試みてみるが、店員は臆せず攻めの姿勢を貫いてくる。

「コーヒーのおまわりはいかがですか?」

一言一句違わず繰り返すな。

ていうか、なんだよ。コーヒーのおまわりってなんだよ。あれか。つまりこういうことか。コーヒーのーおまわりさんーこまってしまってブラック無糖ー♪なんだそれ。

店員さんは困ったような顔でこちらを見ている。そんなつぶらな瞳で僕を見ないでおくれ。心が揺らいでしまいそうだ。僕には既に心に決めた人が……。

「コーヒーのおさわりはいかがですか?」

変えるなああああ!!

おさわりって、お前おさわりって。ここはあれですか。大人のためのお店ですか。断じて違う。ファミレスだろ。というか、コーヒーをおさわりして誰が喜ぶというのだね?君には本当に失望したよ。なんだかもうがっかりだ。どうせだったら君におさわりさせて欲しい。そのふくよかな胸で安らぎを得たい。僕は現実に疲れたよママン。

「君のおさわりはできます?」
「……ぷっ」

もう、こいつ殺したい。

いや、確かに今のは僕が悪いような気もするが、そもそも僕をここまで追い詰めたのはこの女だ。何で僕ばかりこんな目にあわなければならないのだ。おかしいだろ、コーヒーのおさわりとか。そうだ。考えてみれば、最初から「おまわりってなんですか?」と聞いておけばよかった。そうすれば、きっとこんな惨めな思いはしなくてすんだはずだ。聞くは一時の恥、聞かぬは一生の恥なのだ。よし、早速聞いてみよう。

「コーヒーのおさわりってなんですか?」
「ぷっ」

どっちにしろ変わらなかったみたいだがとりあえず俺に銃をくれ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-03-24 06:18 | 空想