写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

限界への挑戦

知人が「バイクで走りながらカップラーメンを食べる男」を見たという。

これはもはや都市伝説の領域だろう。というか、ちょっと考えただけでも無理がある。気になって詳しく聞くと、どうやら走っている最中は手に持っていて、赤信号で止まっているときに食べるのだそうだ。

まぁ、彼からすれば何か急ぎの用事があったんだとは思う。でも、なんでカップラーメンなのか?という疑問は残る。おとなしくパンでも食べてたほうがよかったんじゃないのか。10秒チャージしてればよかったんじゃないのか。カップラーメンは難易度を引き上げすぎなんじゃないのか。

でも、困難にあえて立ち向かおうというその姿勢は買いかもしれない。スポーツというものにあれほど人がひきつけられるのも、己が限界を超えようとする姿勢に、多くの人が胸を打たれるからではないのか。

マラソンなんかはまさにそんな感じだ。大体にして、あれだって冷静に考えてみれば「なんでわざわざ42.195kmなんてバカみたいな距離を走り続けてるのか?」とか思わないでもない。今の時代、自分の足でそんなに長い距離を移動することにほとんど意味などないのだから。どんなに速く走ったところで、自動車にはかなわない。非効率の極みみたいなものだろう。

そうした観点からみれば、彼の行動も理解できる気がする。きっと、チャレンジしてみたかったんだ。そのうち、バイクで走りながらハンバーグでも食べだすかもしれない。
[PR]
by rei_ayakawa | 2005-12-07 05:03 | 日々