写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

石田先生に弟子入りしたのはいいが

石田先生に弟子入りしたのはいいが、これといって何も教えてもらえない。

先生は青汁を、毎日欠かさず飲んでおられる。飲む時はなぜか和室にこもって飲むのがお決まりで、僕は先生の後ろに控えている。今日も、先生は黙々と青汁を飲んでおられる。僕は聞いてみた。

「先生、青汁がお好きなのですか」

先生は答えた。

「プライバシーの侵害じゃ」

また何も教えてもらえなかった。先生に弟子入りして十日が過ぎたが、こんなことばかり続いている。僕は忸怩たる思いを抱えつつも、これ以上突っ込んで聞くのは先生に失礼な気がして、話題を切り替えることにした。

「隣の塀に囲いができたそうですよ」

頼む、「へー」と答えてくれ。

「かっこいー」

そっちか。

僕は先生のことが知りたいのだが、いまいちよくわからない。僕が黙り込んでしまうと、先生は一言もしゃべらなくなってしまう。正座の姿勢を堅持し、正面を向いたまま一点を見つめ続ける。視線の先には、壁しかないのに。

恐ろしい。僕には、先生が恐ろしい。

「何か教えてください、先生」

「いやじゃ」

そう言うと、先生はまた口をつぐんでしまった。
[PR]
by rei_ayakawa | 2008-05-31 22:37 | 空想