写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

春爛漫

その男は、旅先で桜吹雪に遭遇し、凍死しました。
その男は、生前、事あるごとに云っていたそうです。
「俺が死んだら、残念だ」
実に残念なことでした。

その男は、頭の中が常に春爛漫でした。
その男に、ふさわしい最後だったのかもしれません。
その男は、常に一人で昼食を食べていました。
いくら春とはいえ、凍死もするでしょう。

その男は、サトシくんによく云っていました。
「お前の股間は、俺が見た時いつも隆起しているな」
嫌がらせのつもりは無かったそうです。

その男は、ユカリちゃんによく云っていました。
「おっぱいボーン! ボーン!」
裁判にまで発展しました。

云ってしまいました。
「なんでどいつもこいつも大学生の癖にこんなガキっぽいわけ?」
その男ほどではありませんでした。

希望する進路は公務員。
「やっぱり、堅実に生きないとね」
趣味はネットゲーム。
「恋愛シミュレーションなんかするやつは人間終わってるよ」
縦笛は舐める物という固定観念がある。
「ポリシーは、ポリシーを持たないことかな」
何故かむやみやたらと人の話に割り込む。
「相手を敬うことが、一番大事なのさ。恋愛ってのはね」
いつも何かにおびえていた。
 
その男の話は、ここでおしまい。
[PR]
by rei_ayakawa | 2008-04-08 01:34 | 空想