写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

バス

なぜかはわからないが、バスで乗り合わせた乗客が全員ハゲていた。

バスは満席。僕を含め、立っている乗客も複数いる。そして全員ハゲている。運転手は帽子を被っているが、後頭部の様子から考えて十中八九こいつもハゲだ。

別にハゲが悪いこととは思わない。僕自身もハゲの家系であるし、自分がハゲたらヅラなんか被らないで男らしく振舞おうと今から決めている。しかし、日本のハゲ人口はここまでの密度を誇っていたのであろうか。世界に誇れるハゲ大国日本だ。

いや、しかし、いくらなんでもこれはおかしい。老若男女問わずにハゲだ。おそらく、大半が剃っている。スキンヘッドが最近の流行なのであろうか。

僕の目前に座っている親子らしき二人。なにも、母娘そろってスキンにすることはないだろう。見た感じ、母親はまだ20代、娘は4,5歳といったところである。そんなに髪が嫌いか。髪が憎いか。

もうちょっと貴様ら、髪を敬え。

実に仲間はずれにされた気分である。何も悪いことはしていないはずなのに、そわそわして落ち着かない。みんなが僕を見ている気がする。なんでこいつはハゲじゃないんだ。無駄毛にまみれやがって。そんな風に思われているのではないか。

この場で自分の頭を丸めたい衝動に駆られたが、残念ながら手元にバリカンはなかった。よしんばあったとしても、さすがに公共の場で無駄毛処理はできない。

時計を見てみると、まだ乗車してから3分しか経っていなかった。時間の経過をここまで遅く感じるのは、乗客が全員ヒゲだったとき以来だ。

ハゲとヒゲ。一文字違いだが、両者の意味するところは大きく違う。かたや毛にまみれ、かたや毛がない。ハ行を一段下にずらすだけでここまでの違いが出るのだから、日本語は恐ろしい。もはやこれは哲学の粋ではないのか。哲学がどういうものなのか詳しく知っているわけではないのだが、なんとなくどことなくそんな気がしないでもない。

目的地まで大体15分ほどかかるので、僕はこの状況に後12分耐えねばならない。勘弁してほしい。途中で降りてしまおうか、本気で迷う。しかし、降りたらほぼ確実に遅刻する。それは避けねばならない。遅刻するわけには行かない状況なんだよ、こっちだって!

なんか時間が経つにつれ、全員ヤクザに見えてきた。これはヤクザの修学旅行か。疲れる。ああ、疲れる。立っているだけなのに、どうしてこんなに疲れるのであろうか。全員ハゲだからに決まっている。

当たり前の事実を自分の頭の中で確認し、僕はその場に座り込みたくなった。
[PR]
by rei_ayakawa | 2008-04-04 23:54 | 空想