写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

しゃっくりさん

ビックリするとしゃっくりが止まるらしいが、ザックリやると息の根も止まる。果たしてこの符合はなにを意味しているのだろうか?そんなことばかり考えているrei_ayakawaです、こんにちは。

なにはともあれ、私はしゃっくりが嫌いだ。なぜなら、しゃっくりが出るとまともに人と会話することも出来ないし、渋い男のダンディズムを演出することも出来ない。一刻も早くしゃっくりを止めたいが、やつはなかなか思い通りになってくれない。ビックリさせてもらおうにも「ビックリさせて!」と誰かに頼んだ時点で、相手が私を驚かそうとすることが予測できてしまう。これではしゃっくりが止まるほどの勢いで驚くことは不可能だ。

ビックリさせてもらう以外にも、しゃっくりを止める手段はある。私が知っているのは、「ご飯を飲む」「大量の水を一気飲み」「息をしばらく止める」といった方法だ。しかし、「ご飯を飲む」はご飯が炊かれていない状態だと実行不可能だし、「大量の水を一気飲み」は一発で成功しないことが多く確実にトイレが近くなる。「息をしばらく止める」は一番手軽な方法で私も愛用しているが、成功率が高いとはいえない。失敗が続くと、とてつもない勢いでイライラして思わずトゥシューズに画鋲を仕込みたくなるので、出来ることなら一発で確実にしゃっくりを止められる方法を考案したい。

そもそも、私は「ビックリしてしゃっくりが止まった」という状態を経験したことがない。この方法がこれだけ有名になっているからには、一撃でしゃっくりを仕留められる必殺性を持っているのだろう。自分で自分をビックリさせることができるようになればしゃっくり恐れるに足らず、ということである。しかし、これは著しく難易度が高い。どうすれば、一体どうすればいいのだろうか。

ここまで考えて思った。そういえばさっきから、私はしゃっくりのことばっかり考えている。

これってもしかして、恋?

いや、そんなわけない。私はしゃっくりのことが憎くてしかたがないのだ。だから、しゃっくりを退治する方法をずっと考えているのではないのか。ああ、でも、そういえば好きな子にわざわざ嫌がらせをする小学生とか結構いるらしいし、永遠の少年である私もそのパターンにハマっているのかもしれない。何てことだろう、予想外の展開だ。

あぁ……どうしよう。
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-06-21 19:57 | 日々