写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

スポーツバトン

今度は葉坂さんからバトンが回ってきてしまった。

スポーツバトンだそうだ。私は以前、性格バトンを海に投げ捨てて以来、バトンというものにいいイメージを持っていない。とりあえず、今回のバトンの内容をここに乗せておくことにする。

---

1.得意なスポーツは?
2.自分がプレイする好きなスポーツは?
3.観戦するのが好きなスポーツは?
4.尊敬するスポーツ選手と、その理由は?
5.格好良い思う男性スポーツ選手は?
6.可愛いと思う女性スポーツ選手は?
7.生でのスポーツ観戦は?
8.これからプレイしてみたいスポーツは?
9.あなたにとってスポーツとは?
10.バトンを回す人を5人挙げてください

---

質問攻めかよ。

いや、バトンというのはそういうものなのだろうが、それにしてもいきなり質問攻めか。挨拶もなしか。礼儀をいうものをなんと心得るか。無機物の癖してどれだけ厚かましいんだ。バトンめ。

大体、バトンというのはあれだろう。リレーの時に受け渡すあれだろう。たまに受け取れなくてポロリと落ちて、「ドキッ!バトンだらけの運動会!(ポロリもあるよ)」という状況を形成するあれだろう。なんでそんなただの棒から、質問攻めにあわなければいけないのだ。

しかも、最後に「バトンを回す人を5人挙げてください」とある。つまりこいつら、どんどん増殖していくのである。世界征服でもたくらんでいるのか。

これはかなり恐ろしい状況だ。バトンは人の手に渡るごとにその数を増やしていく。1本が5本、5本が25本、25本が125本と凄まじい勢いで増えていくわけで、この世に存在する全ブログ数を上回ることすら考えられるのだ。このままいくと、最悪全てのブログが毎回バトンを掲載しなければならないことになるかもしれない。どれだけ面白みの無い世界なんだ。

しかし、この問題に立ち向かうには、私の力などあまりにも無力だ。悲しいことだが、もはや運を天に任せるしかない。というわけで、ささやかな抵抗としてこのバトンは火にくべておこうと思う。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-01-28 22:32 | 日々