写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

それは一種の飢えであろうと

飽きっぽい人というのは世の中に数多ほどいることだろうが。

私もその中の一人である。熱しやすく冷めやすい。「よし、やるか!」と思った瞬間やめている。それはひとところにとどまらない精神の表れであり、限りない自由を意味する。一種の美徳であろう。

ところで、「飽き」が「秋」から転じた言葉であることは皆さんご存知だろうか。「飽きた」は「秋た」であり、「飽きっぽい」は「秋っぽい」である。秋という季節になると、それまで木々を彩っていた葉が「あー、もうだりーわ。俺落ちる」といわんばかりにはらはらと舞い落ちることからこの用法が生まれ、現在の形に変化したのだ。日本人の自然に対する感受性は、古来より優れたものがあったといえよう。

この話を聞いて「じゃ、秋田県ってすげぇ投げやりなネーミングなんじゃね?」と思う方もいるかもしれない。そのような方には、ダジャレマスターの素質がある。ちなみに、秋田県の場合は「秋た」ではなく「秋田」であり、文字通り秋の田んぼをさしているので心配は全く無用である。だが、それはそれとして、その才能は伸ばしていってもらいたい。ダジャレマスターを目指してもうどんどん突き進んでいって欲しい物だと思う。私は飽きたからやめた。

最近はダジャレよりもむしろ、いかにくだらない嘘をつくかに凝っている。
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-05-16 19:57 | 日々