写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

春眠暁を覚えた!

春ですね。私の心は冬だ。

いきなり妙なカミングアウトをしてしまったが、まぁ、春である。昼寝の季節であり、目覚まし時計泣かせの季節でもある。「『この役立たずのポンコツクロックが!』じゃねーよ。てめーがおきなかっただけだろーが」そんな魂の叫びが聞こえてくる気がするが、気がするだけだ。

なぜなら、目覚まし時計は喋らないからである。私は常々思うのだが、目覚まし時計もたまには喋ってみたらどうなのだろうか。

もちろん、実際に声で起こしてくれる目覚まし時計はある。だが、結局はセットした時間に決められたセリフを喋るだけで、日本経済について議論することも出来ない。職務に忠実なのは好感が持てるが、もうちょっと自分の意見を表に出してみたらどうなのか。我が目覚まし時計くんが日の丸、君が代の強制についてどのような意見を持っているのか、非常に興味がある。

そういえば、春は頭がおめでたい人が多くなるという。しかし、私はその説には否定的だ。おめでたい人は春に限らずおめでたい。頭がおめでたい人の総量は春夏秋冬変わらないものと考えている。私のようにしっかりしている人間は、春といえど文句なしにしっかりしているものなのだ。

この件についても、目覚まし時計くんの意見を聞いてみたいものである。
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-03-23 20:34 | 日々