写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ワシントン

自慢ではないが、私は舌が豚のように肥えている。

よって、食べ物にはかなりうるさい。具体的にどのくらいうるさいかと言うと、「ポテトチップスはコイケヤよりカルビー。あ、でものりしおだけは例外。あれはコイケヤもいける」とか「コーラはやっぱりペプシだね。コカなんか駄目だ。お前らはペプシマンの雄姿を忘れたとでも言うのか?」などと、そのこだわりようと言ったら、ほとんど貴族である。

このように精神的貴族な私だが、悲しいことに物質的には平民である。いくらペプシの方がよくても、近所のスーパーでコカコーラの安売りをしていたら、どうしても買うのはコカになってしまうのだ。

ああ、お金さえあれば、ペプシを裏切らずに済むのに。人生、お金が全てではないが、やはりお金は大切である。ごめんよ、ペプシ。僕にこんなことを言う資格はないのかもしれないけど……それでも君を愛している!

「じゃあ、私と結婚してくれる?」
「しかし……君はコーラで、僕は人間だ。とてもやっていけないよ」
「そんなの関係ないわ。人間とコーラでも、愛さえあれば……」
「こんな結婚が法的に認められると思うかい?」
「だったら、新しい法律を……いえ、新しい国を作ればいいのよ!」
「!」
「あなたなら出来るわ。千葉県を日本から独立させて、コーラと人間の理想郷をつくるの!」
「よーし、やったるぜぇ!おれっちは千葉のワシントンになるんじゃあ!」
「その意気じゃあ!やったれ、やったれ!ガハハハハ!」

そんな夢想に浸る。外は寒いよ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2007-01-12 23:51 | 日々