写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

華麗なる犯罪

僕は君をとても愛しているよ。
君の望むことなら何でもしてあげたい。

バッグが欲しい?
とても買ってあげたいけど、僕にはお金が無い。
でも、大丈夫。
僕は銃をもってるから。
あと、覆面とCDプレイヤーとクイーンの「オペラ座の夜」のレコードも持ってるんだ。

計画はこうさ。
まず、お店に向かう車の中で銃声をバンバン鳴らして、気分を盛り上げるんだ。
空になった銃は捨ててしまおう。
お店に入ったら、店員にレコードをつきつけてこう言う。
「大人しくしねえと、このレコードが音を出すぜ!」
もちろん、僕が持っているのはCDプレイヤーだからレコードはかけられないんだ。
でも、大丈夫。
あいつらはバカだから、そんなことに気づきやしないさ。

ここまで来たら後は簡単だよ。
店員さんに頼み込んでバッグを貸してもらえばいいんだ。
もちろん、返すつもりは無い。
一度借りてしまえばこっちのものさ。
僕はなんて頭がいいんだろう。
最後に、人のいい店員さんに覆面をプレゼントしてあげる。
これでバッグは君のものさ。

バッグなんかいらない?
バカだなぁ、そんな嘘つくなよ。
君の望んでることが、僕には全部わかってるんだ。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-01-19 07:09 | 空想