写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

慌てんなよ、サンタクロース

クリスマス・イブであるが暇である。暇なので、考える必要のない事でも考えてみようと思う。

クリスマスはイエス・キリストの誕生を祝うキリスト教の祭日だ。しかし、キリスト教徒の割合が非常に低い日本においても、クリスマスは一般的な行事となっている。そして、一週間後には神社で初詣。こうした宗教的無節操さはよくネタにされるが、私は日本人のこういうところが大好きだ。

つまるところ、日本人と言うのは基本的にお祭り好きなのだろう。国民の大多数が特定の宗教を信仰していないため、背景とかは関係無しに自分たちの暮らしに取り入れられる。とにかく、騒げればいいのだ。この点に関しては、私も大いに賛成である。ガンガン騒いで行きたい。

しかし、暇なのだ。悲しいことに今日は暇なのだ。家で弟と二人っきりだ。両親は出払っているし、友達は都合がつかない。ああ、暇だ。誰か遊びに来い。

ところで、日本の若年層において、クリスマス・イブは『恋人と過ごす日』という認識が根強い。このような風潮は日本だけで見られるものらしいが、何が理由なのだろうか。もちろん、メディアによる戦略もあるのだろうが、私はそれ以上に大きな理由があるとみている。つまり、日本人はダジャレ、中でも下ネタが好きなのだ。

クリスマス=聖夜=性夜

この真実に気がついたときは悲しくなった。下ネタをあまり好まない私としては気分が重い。異国の人に「日本というのはどんな国なんですか?」と聞かれて「下ネタ好きの国です」などと答えなければいけないのか。日本人というだけで「奥さん、あの人下ネタ好きなのよ」という目で見られてしまうかもしれない。私のように品のいい人間が、この国に生まれてしまった運命を呪った。愛国心なんか持てるか。

暇な上に、絶望的な気分になった。最悪である。サンタクロースでも来てくれれば救われるが、もういい加減いい年なので来てくれる見込みはない。

なにはともあれ、日本人はお祭り好きかつダジャレ好きかつ下ネタ好きである。認めたくはないが、私の優秀な頭脳で導き出された結論に間違いがあるはずもないので仕方あるまい。なんかやるせない気分になったので、ここで筆を置くことにする。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-12-24 16:59 | 日々