写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

雪原を駆ける金太郎

スキーにあまり興味が無い。

食わず嫌いな気もする。私の人生の中で、スキーにいったのは小学生の頃の一回だけだからだ。だが、それ以来少しも興味をもてないでいる。それがなぜなのかは私にも分からない。その時私は「スキーで滑りながらヘッドスライディング」という絶技を皆の前で披露し、絶賛の嵐に涙目になっていたはずなのだが。

このことから、私がスキーの才能に溢れた子供だったことについて異論を挟む人は誰一人いないだろう。では、なぜそれ以来スキーに行かなくなってしまったのか?まぁ、単純にそれほど楽しくなかったのだろう。人間、得意なことが好きなこととは限らないのだ。しかし、そう考えると少々惜しいことをしたかもしれない。あのままスキーを続けていれば、きっと今頃オリンピック代表に選ばれていたはずだ。

大体、スキーをするためにわざわざ遠出をしなくてはならないというのも、私の才能を開花させる妨げになっていたのではないだろうか。私が雪国で育っていたら、状況はもっと違っていたはずだ。

雪国育ちの私は日々、スキーを楽しむような子供になったに違いあるまい。見る見るうちにその才能を開花させ、世界水準の滑りを身につける。しかし、私はあるときコースからはずれ、山道に迷い込んでしまった。そこで襲い掛かる熊。投げ飛ばす私。「俺がこの山で最強の男だ!」その後、数々の格闘技大会に参加しては優勝をかっさらっていき、平成の金太郎と呼ばれるようになる。そのまま生ける伝説となり、私の名は永遠に人々の心に刻み込まれたのであった。

雪国育ちならよかったのに。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-01-15 05:18 | 日々