写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

シベリアの夢

寒いダジャレを言ったばかりに、俺はシベリアの永久凍土に閉じ込められてしまった。

ここは寒い。

寒いというか、冷たい。

自分以外は誰もいない、氷点下の世界。

俺は何もたいしたことをしたわけじゃない。

殺人も、強盗も、傷害も、万引きも、中傷もしていない。

ただ、寒いダジャレを言っただけだ。

人に恥じるようなことは何一つしていないはずだ。

なのに、なんでこんなことになってしまったのだろう。

これはそう、昔、野球少年だった頃の記憶。

ぬけるような青い空、さんさんと輝く太陽、心地よい芝生の匂い。

全ては遥か遠く。

記憶の片隅にうずくまる。

ここは冷たい。

何故、俺はこんな所にいるんだ?

ただ、寒いダジャレをしつこく繰り返し言っただけなのに……。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-09-02 22:01 | 空想