写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

ヘッドがホット

ここ最近は毎日「暑い」と言っている気がする。

8月に入ってから更新間隔がやたら空いていたりもするが、これも要するに暑さゆえではないのか。暑さゆえに、私のブレインがクラッシュしてバーニングハートなのではないのか。このシーズンには毛皮が暑くてバニーもハードではないのか。バディはダディでサムバディではないのか。そんな思いをめぐらせて、私は今日もがんばっています。故郷のおっかさん、お元気ですか?

まぁ、おっかさんは二階で寝ているのだが、そんなことはこの際どうでもいいのだ。毎年飽きもせず、バカみたいな暑さをひけらかす夏に対して、私は力の限り説教してやりたいのだ。

毎年毎年、同じように暑くなっている夏は、今の地位に甘んじすぎていると私は思う。常に変化を求め続ける姿勢が、成長に繋がるのではないのか。たまには、あえて寒くなってみてはどうなのか。いつまでも同じことの繰り返しじゃ、成長なんてありはしないぞ。お前の意地を見せてみろ。さぁ、今すぐ見せてみろ!

……勢いに任せてキーを叩いていたら、タバコの火を落として「S」キーがちょっと溶解するという惨事が起こった。おかげで少し落ち着いたよ。うん。

冷静になって考えれば、なかなかそうもいかない事情が夏にもあるのかもしれない。夏が寒くなったりしたら、海水浴のシーズンもなくなるだろう。これは各地の海水浴場にとって大打撃である。もちろん、プールも温水プール以外は出番がない。男性は女性の水着姿を見るタイミングを失い、悲観にくれて泣き濡れて、「水着が駄目なら下着だ!」とよくわからない開き直り方をして犯罪行為に走る可能性すらある。

スイカは暑い夏に食べるからこそおいしいのであり、ここぞとばかりに出番がなくなるだろう。というか、そもそも育たないと思う。イネも育つために暑さが必要不可欠であり、ありえないくらいの大凶作に襲われる。生態系にも多大な影響がでることは間違いない。まず間違いなく、ゴジラがでる。

こうしてみると、夏も別に毎年同じことばかりやりたくてやっているわけではないのだ。夏が暑くなることをやめてしまったら、世界が大混乱に陥ってしまう。夏にはそれを防ぐ、重要な使命があったのである。そんなことも考えず、無茶を言ってしまった。反省しなければならない。

タバコの取り扱いについても、大いに反省しなければならない。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-08-22 18:36 | 日々