写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

エラエラ

朝起きたら、首の左右にエラがありました。

首の右側にあったのは江良房栄(えらふさひで)でした。
江良房栄は戦国時代、大名の大内氏に仕えていた武将です。
陶晴賢が大内義隆に謀反を起こした際これに参加し、晴賢が大内氏の実権を握った後も、陶軍の主力として活躍。
知勇兼備の将でしたが、毛利元就の謀略により、主君晴賢から内通の疑いをかけられて殺されてしまいました。
悲しいですね。

首の左側にあったのはeraでした。
「時代」や「紀元」などと訳される英単語です。
The cold war era で「冷戦時代」。
The Christian era で「キリスト紀元(西暦)」という意味になります。
英和辞書って素晴らしいですね。

さて、二つのエラが私の首にできてしまったのですが、これは一体どういう意味に捉えればいいのでしょうか。
私は悩んでしまいました。
悩める美女って、おいしいシチュエーションですよね。
今の私の姿を誰かに写生してもらいたいくらいでしたが、残念ながらいつまでも悩み続けているわけには行かないのです。
人は、答えを出すことによって前に進んでいかなければならないのです。
ああ、諸行無常とは正にこのことです。
悲しくなってしまいます。
およよ。
あ、悲しみにくれる美女っていうのも、おいしいシチュエーションですよね。

その時です。
私の背筋に電撃が走ったような感覚がありました。
エロい意味ではありません。
ああ、なんということでしょう。
この現象の意味するところがわかったのです。

「江良房栄」と「era」。
つまり、「江良era」。
「江良の時代」です。
そう、これは「近いうちに江良房栄ブームが日本に吹き荒れるだろう」と言う意味だったのです!

「江良の時代」というくらいですから、それはもうものすごい規模の大ブームなのでしょう。
おそらく、今で言う織田信長並みの知名度と人気を誇るに違いありません。
優秀な武将であり、悲劇的な最後を遂げた江良房栄。
よく考えれば、人気が出ないわけがないのです。

きっと皆が皆、江良に夢中になるのでしょう。
街中では「江良ってエラいよねー」「江良はエーラー(えーなー)」などという言葉がそこかしこから聞こえくるのでしょう。
もし、「江良なんてエラん(いらん)」なんて言おうものなら大変です。
道行く人たちから兵糧攻めにあっても、文句は言えませんね。

私はこの衝撃的な真実を伝えるために、隣で寝ている夫を起こしました。
彼は私の首筋の江良とeraを見て、目を丸くしました。

「おいおい、いったいこりゃどうしたんだ?」
「なんか、起きたらこんなんなってたの」
「えぇーーーーー!」
「らぁーーーーー!」
「はっはっは。よく合わせてくれたね」
「あなたの考えることだもの。何でもお見通しよ」

私は、夫にこれから江良の時代が来るということを説明しました。
夫は感心したように頷きながら言いました。

「なるほど、江良の時代が来るのか。それは凄いね」
「でしょ?こんなマイナーな武将が注目されることになるなんて思わなかったわぁ」
「でも、だからといってどうというわけでもないよね」
「そうね」
「朝ごはんくれる?」
「うん」

こうして、いつもどおりの一日が始まりました。




■□■□■□■【トラバでボケましょうテンプレ】■□■□■□■□■
【ルール】
 お題の記事に対してトラックバックしてボケて下さい。
 審査は1つのお題に対し30トラバつく、もしくはお題投稿から48時間後に
 お題を出した人が独断で判断しチャンピオン(大賞)を決めます。
 チャンピオンになった人は発表の記事にトラバして次のお題を投稿します。
 1つのお題に対しては1人1トラバ(1ネタ)、
 同一人物が複数のブログで1つのお題に同時参加するのは不可とします。

 企画終了条件は
 全10回終了後、もしくは企画者が終了宣言をした時です。

 参加条件は特にないのでじゃんじゃんトラバをしてボケまくって下さい。

 ※誰でも参加出来るようにこのテンプレを記事の最後にコピペして下さい。

 企画元 毎日が送りバント http://earll73.exblog.jp/
■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

この文章はトラバでボケましょう2006 第8回大会 開会です。参加作品です。

お題はこちら。
『朝おきたら、首の左右に、
エラがありました。
えぇーーーーー!
らぁーーーーー!
さてっ、どうしたもんかっ……。』
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-07-22 20:23 | 空想