写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

自分との戦い

体調が悪い時や疲れがたまった時、人は怒りっぽくなりやすい。

普段なら気にならないことが気に障り、「ファック!てめえなんか煮こごりにされろ!」と土星を冥王星のあたりまで飛ばしてしまった経験はあなたがしているだろう。私も似たような経験を持つ一人だが、私の場合は飛ばしたのは怒声であり土星ではない。さすがにそこまでは出来ないよ。

しかし、これは第三者から見た場合迷惑なことこの上ない。こちらがいくら疲れていても相手からすれば「知るかよ」なわけであり、被害を被った人は納得いかない気持ちで一杯だろう。特に土星人とか。

だから我々はできる限り、イライラしていても人にあたらないようにしなければならない。物にあたるのもダメだ。それは周りからすれば一種の脅しである。大事なのは心の平穏を維持することであり、自分が辛い時でも他者に寛容に接してこそ、立派な人間と言えるのではないか。

では、心の平穏を保つためにどのようなことをすべきか考えてみようと思う。

☆1.自己暗示をかける。

その日、あなたは連日のあれやこれや(主にカバディ)でへろへろに疲れていました。おかげで非常にイライラしており、このままでは身近な人に当たってしまいかねません。そこであなたは、自分に自己暗示をかけることにしました。

「私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平安京私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平穏私の心は平幕優勝私の心は平穏私の心は平穏」
「ねーちゃん、なにぶつぶつ言ってんの?」
「今の私に話しかけんじゃねぇ!」
「ぶほぉ!ねーちゃんの前蹴りが僕の腹部にクリーンヒットだ!とても痛いぞ!」

あらら、これではまるで逆効果ですね。別の方法を考えなければいけません。

☆2.壊れる。

その日、あなたは体調を崩し(風呂あがりに全裸もいいけど湯冷めには気をつけてね☆)非常にイライラしていました。鼻だけ詰まって他は元気という中途半端な崩し方だったので、余計にイライラしていました。このままでは身近な人に当たってしまいかねません。そこで、自分の周りに人が近づかぬよう、前もって壊れておくことにしました。

「ふーはははは!私は現世に蘇った魔王!下がれ下がれ!近づいたやつからぶち殺してやるぞ!」
「えーと、君クビね」

あらら、クビになってしまいましたね。この方法にも少々問題があるようです。

☆3.悟る。

その日、あなたはとにかくイライラしていました。このままでは身近な人に当たってしまいそうなので、悟りを開いて解脱することにしました。

「よーし、悟るぞー……あ、悟った!」

悟りました。めでたしめでたし。

いや、わかっている。悟りなんかそう簡単に開けないということはわかっているのだ。しかし、正直この問題を解決する方法は、悟りを開くことくらいしかないんじゃないかと私には思える。というか、これ以外思いつかない。「悟りを開けとか無茶言うな」などと言われても、思いつかないものは思いつかないんだよこのダメ田ダメ男が。

おっと、申し訳ない。やはり、風呂あがりに全裸の習慣は考え直した方がいいのだろうか。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-05-31 17:47 | 日々