写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

キューティ兄

私は超かわいい。

いきなり気でもふれたか、と思った方。ちょっと待って欲しい。確かに私はバリバリの成人男性ではあるが、それでもなおかつ私は文句なしにかわいいのである。

とはいえ情報量が非常に限定されたネット上において、私のかわいさを感じ取れというほうが無茶というものだろう。よって、具体的に順を追って私のかわいさを力説していこうと思う。ありがたく思ってくれたまえ。

まず、第一に私は初対面で実年齢より下に見られることが多い。つまり、自分ではよく分からないのだが、おそらく私は童顔なのだ。この年にして、幼児のようなあどけなさを持っているということなのだろう。母がたまに私の昔の写真を見ながら「昔はかわいかったのにねぇ」などとほざいているが、この推測に従えば今でもかわいいはずだ。目が遠くなってしまったのか。

さらに、私は性格面でも子供っぽいところがある。どう子供っぽいのかというと、基本的に自己中心的だし、人をからかうのが好きだし、そして何よりいつもこんな文章ばかり書いている。ネガティブな子供っぽさばかりじゃないかとか思った人は、今すぐにドラッグをやめるべきだ。もっと自分を大切にしたまえ。

これらの事柄を総合すると、私はかわいいという結論が容易に導き出せる。思う存分かわいがってくれて構わない。世間一般では過保護というのはよくないもののように言われているが、むしろそのくらいがちょうどいい。受ける愛情は多いに越したことはないのだ。

そんなわけだから、早速口座に100万円くらいお小遣いを振り込んでくれるとありがたい。あげすぎじゃないか?とか思った人は、今すぐにトラックをやめるべきだ。自分の前をダンプが走っていたりすると、なんか圧迫感があって怖いのだ。

ほら、かわいい。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-05-15 21:57 | 日々