写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

食事対俺

食事というのは一種の戦いである。少なくとも、私にとっては。

私はそもそも胃が小さい。あまり多くの食べ物を受け付けられないのだ。よって、食事が目の前に出されたら私の鈍色の脳細胞は超高速で軋みを立てながら回転し始める。果たして、この量を私は平らげることができるのか。

実例を挙げて説明しよう。先日、私はとある店に入ってチャーハンセットを頼んだ。生ビールが200円引きの日だったのでビールも頼んだ。まずは当然生ビールが来る。中ジョッキだ。これを食事が運ばれてくる前に飲み干すのは、造作もないことだった。

そしてしばらく待たされた後、待望のチャーハンセットがやってきた。構成はこうだ。チャーハン、サラダ、スープ、餃子6個、鳥のから揚げ2個、シューマイ2個。900円ちょっとでこの内容はかなりのボリュームであるが、目の前にした私の脳裏に不安がよぎる。

(これは……微妙なラインだな。食えるような食えないような……)

しかし、もう頼んでしまった以上後には引けない。与えられた状況で、最善の手を打たなければならないのだ。つまり、たとえ食べ切れなかったとしても、できるだけ高い満足感を得られる食べ方とは何か。

まず、私はサラダに手をつけた。比較的お腹の膨れないサラダを先に食べても全体への影響は少ないが、後に残すと満腹感に負けて食べられなくなる可能性がある。まずは安全牌から拾っていかなければならない。さて、問題はここからだ。

順当に行けば次はスープなのだろうが、スープはサラダと違って飲み物なため、満腹になったときでも一気に飲み干すことは十分に可能。あまり冷めてしまう前に飲む必要はあるが、別に今すぐ飲まなくても問題はない。

そして私が目をつけたのはチャーハンであった。そもそも何故私がチャーハンセットを頼んだかというと、弟に「ここのチャーハンうまいよ」と教えられたからなのだ。とりあえず、一口味見をしておかなければなるまい。最後の方に回したせいで、腹が膨れすぎて味が分からんなどということになったら本末転倒だからだ。ぱくっ。うん、確かにうまい。これはいけるよ。

続いて餃子だ。この店はどうやら餃子に自信があるらしく、誇らしげに「餃子のたれ」なるものがテーブルの隅においてある。普通の店が醤油・ラー油・酢で済ましているところを「餃子のたれ」である。これもチャーハンと同じ理由で、早めに味見しておかなければなるまい。早速餃子を一個口に放り込む。ぱくっ。うむうむ。さすがになかなかのものだ。ついでにそのままチャーハンもぱくつく。

さて、ここからが重要になってくる。確かにチャーハンと餃子はうまかったが、だからといってこればっかり食べていていいものだろうか?答えは否である。チャーハンと餃子だけで満腹になってしまう可能性もあるからだ。せっかくこれだけの種類の食事が出てきているのだから、全品目を食しておかなければならない。よって、ここからは好きな順番に全品目を回ることにする。

まずはから揚げ、スープを食する。とてもおいしかった。続いてシューマイであるが、実は私はあまりシューマイが好きではない。だから、結果的に何かを残してしまわなければならない場合、私は迷いなくこのシューマイ2個を残してしまいたいのだ。しかし、もし全部の料理を食べ切れてしまったらどうだろう。その場合、一番好きじゃないシューマイ2個を最後に食べることになってしまい、後味がとても悲しいことになる。だからといって、ここでシューマイを2個とも食べてしまうとそれはそれでお腹の容量圧迫に繋がってしまう。ここは1個だけ食べておくのがベストだ。残りの1個は様子見をしながら決める。もぐもぐ。うーん、やっぱりいまいちだなぁ。

その後、餃子をさらに2個食べ、スープを飲み干し、予想外においしかったから揚げの残りの1個を食べる。この合間合間にチャーハンを食べて、残るはチャーハン3分の1・餃子3個・シューマイ1個となった。

しかし、予想外のことが起こった。早くも、腹の容量が限界近くまできてしまったのである。から揚げのボリュームが予想以上にあったらしい。この状況でどう行動すべきか。

まず、チャーハンは捨てざるを得まい。確かにおいしいことはおいしいのだが、この中で最もお腹の容量を圧迫するのは間違いなく炭水化物のチャーハンだ。持って後1口。それ以上は、味を楽しむどころではなくなってくるだろう。同時に、シューマイも捨てることが決定した。完食できないことが確定した時点で、これをわざわざ食べることに何のメリットもないことが分かったからだ。

よって、残る選択肢は餃子ということになる。餃子は普通にうまいし、単体で食べればそれほどお腹に負担もかからない。最後を飾るにふさわしい料理といえるだろう。ぱくっ。

冷めてた。

なんてこった。考えてみればたしかにそうだ。餃子は温かいうちに食べないとおいしくない。最初のほうで一気に食べてしまうべきだったのである。ああ、私は取り返しのつかない失策を犯してしまった……。

―――

こうして、私は敗北感に打ちひしがれて店を後にした。そして、店を出るときに渡された割引クーポンを握り締め、必ずや次回こそは勝利してみせると決意を固めるのであった。了。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-04-29 10:56 | 日々