写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

ロック!

「俺はロックだから法律なんかぶっ壊してやるぜ!」と彼は言った。

でも、法律はまずいんじゃないだろうか。たとえロックでも、法律を壊したらまずいんじゃないか。既存の価値観なんかを壊すのはいいけど、法律をダイレクトにぶっ壊しちゃうのは問題があると思うんだよ。

いかにロックといえど、ぶっ壊しちゃいけないものは存在するだろう。大体、法律をぶっ壊しちゃったらギャランティーが支払われなくても黙ってなくちゃいけないじゃないか。ギャランドゥはヒデキじゃないか。世の中のロックスターは皆ノーギャラになれとでも言うのか。

あ、違うか。ロックだから、力ずくでギャラは奪い取れと言うことか。それに対抗して、音楽会社も私兵団を作りロックスターの襲撃に備えたり……。弱肉強食の世界だ。ロックとはかくも厳しい道だったのか。少なくとも、私はロックじゃなくていい。

ロックという音楽には、破壊衝動が色濃く含まれているのは分かる。こういう姿勢の芸術がこの世に存在するのは、とても健全なことだ。でも、それでもやっぱり、壊しちゃいけないものは存在すると思うのであるよ。

たとえば、ビデオデッキとかも壊そうとしないほうがいい。何故って、自分の拳のほうが壊れるからだ。というか、実際に壊れたのだ。八つ当たりでビデオデッキを殴るのはよくない。奴は硬い。豆腐にしておけばよかった。

ビデオデッキは略すとビデキだ。ヒデキと、とても似ている。つまり、ヒデキも壊しちゃダメだ。いくらロックでもヒデキは壊すな。ちなみに、ここで言うヒデキは西城秀樹のことだ。ギャランドゥのヒデキのことだ。永遠のヤングマンヒデキだ。さっきから、ヒデキヒデキ連呼しているので非常に読みにくい。でも、そのままでいいがな。人間だもの。

そういえば、ヒデキとステーキも非の打ち所が無いくらい似ている。よって、ステーキも壊してはならない。君と僕との約束だ。

私の頭が既に壊れている。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-03-30 16:58 | 日々