写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

ぼくのにっき

だい3がくしょう

そらをみあげたら じゅぴたーがありました
まわりをまわるおほしさまが キラキラ キラキラ かがやいていました
みんな めが ギラギラ ギラギラ していました
どうやら じゅぴたーをめぐって けっきさかんなさつりくのうたげをくりひろげようとしているらしいです

でも つぎのしゅんかんにはみんな ダラダラ ダラダラ していました
いくらなんでも やるきなくすのが はやすぎるとおもいます
しょうしんのじゅぴたーは 「もっとわたしをみてよ!」 とさけびながら みちのまんなかでぜんらになりました
おまえもやりすぎだよ とぼくはおもいました

きがつけば じゅぴたーはぼくのとなりにすわっていました
そして 「ぼーや おとなのせかいにきょうみはないかしら?」 ときいてきました
いよいよ なりふりかまわなくなってきたなぁ とぼくはおもいました
こんなおとなには なりたくないものです

いろいろあって ぼくはつぎのひのあさを じゅぴたーとおなじべっどでむかえました
けっきょく ぼくもなりふりかまわない にくよくにまみれたいっぴきのけものでした
ひとつ おおきくあくびをすると めのまえにさたーんがたっていました
「ひとのおんなにてをだすとは ふてえがきだ ぶっころしてやる」

ぼくは おおあわてでべっどからにげだしました
おほしさまたちは そんなぼくをみて ちからのかぎりばくしょうしています
たいようは ねんちょうしゃのよゆうか ニヒルなえみをうかべています
なんとなく ぼくもおかしくなって そのばにたおれこんで だいばくしょうしてしまいました

ほしたちが たのしそうにうたっています
「どなどなどーなーどーなー こうしをのーせーてー」
せんきょくが ひたすらになぞでした
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-03-02 19:04 | 空想