写真の子は恥ずかしがりやさんなので、これ以上出てきてくれません。


by rei_ayakawa
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

花粉症の乗り切り方

花粉症の季節到来。

私などは花粉症と全く縁が無い生活を送っているので、「春が来た!春が来た!どこにきた?そこにきたぁ!」などと無駄にハイテンションになっていたりするわけだが、世間の花粉症持ちの人たちは、さぞかし憂鬱な気持ちになっていることだと思う。そういう人もいることを考えると、浮かれまくっている自分がなにか悪いことをしているような気持ちになってしまう。

そこで、せめてもの罪滅ぼしのために、花粉症の皆さんの苦痛を少しでも和らげるための方策を考えてみようと思う。要するに、ものは考えようだと思うのだ。辛い、だるい、苦しいなどというネガティブイメージしか無い花粉症も、考えようによってはポジティブに捉えられるのではないか。そう、こういう時こそ、ポジティブシンキングの出番なのだ。

たとえば、花粉症の人はくしゃみがどかんどかん出てしまうことだと思うが、これを逆に利用することを考えてはどうか。空手などの格闘技を学んでいる人に聞くと、腹の底から大声を出すのは力強い打撃を放つために非常に重要なことだと聞く。つまり、こういうことだ。

「ふっ……貴様、花粉症に侵されたその体で、この俺を倒せるとでも思っているのか!」

「やってやるさ。くらえ、必殺の……ブワックション!」

「な、なにぃ!くしゃみをすることによって打撃の威力を増大させるとは!ぐわー」

そう、今こそ強敵との決闘に挑むべき時なのである。

さらに、花粉症の人は鼻水もだらだら出るだろうが、これも捉えようによっては有効利用できる。だって、水を買う必要が無いのだ。

さらに、花粉症の人は目がかゆくてしょぼしょぼしたりもすると思うが、これも考えようによっては、簡単に「ウミガメの産卵ごっこ」が出来るということだ。今までしたいけど機会がなかったという人は、この機会にぜひチャレンジしてみていただきたい。

さらに、花粉症の人は頭痛なんかにも悩まされてしまうだろうが、要するに状況としては常に二日酔いなのだ。ということは、常に前日飲み明かした気分になれるということではないか。しかも、お金が一切かからない。なんとリーズナブルなのか。これで納得できる人間がこの世にいるのか。

以上、ポジティブシンキングの限界というものを感じていただけたなら、幸いである。
[PR]
by rei_ayakawa | 2006-02-28 20:56 | 日々